受験偏差値ランキング情報
受験偏差値ランキング情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03-01偏差値アップ】の秘訣その3 シンプル・イズ・ザ・ベスト

【偏差値アップ】の秘訣その3 シンプル・イズ・ザ・ベスト


「副詞とは動詞・副詞・形容詞・文などを修飾する言葉で・・・」と言われて、正直なところ、最初から意味の分かる人はいないでしょう。


では、【偏差値アップ】の場合にこうしてはどうでしょうか。


「副詞とは名詞(物の名前)以外を飾る言葉で、例えばvery, well, muchなどがある」


ついでに「形容詞とは名詞を飾る言葉で、例えばhappyなどがある」「英語では修飾語(飾り言葉)には二つしかなくて、それは副詞(very, well, muchなど)と形容詞(happy, gladなど)」


【偏差値アップ】も最初は、これで充分ですよ。 ここでのポイントは「簡単な言葉にかえる」「例をつける」です。勉強は難しいもの、と考えると、もっと難しくなりますよ。簡単に、簡単にいきましょう。


例えば歴史の【偏差値アップ】なら、「室町時代後期は戦国時代となり、守護大名に代わって戦国武将が分国法で地域を支配した」 と教科書に書いてあったなら、


室町幕府という、京都の武士(戦う人達)政治団体が日本をまとめていた時代がありました。


そのあと、地方ごとばらばらの武士が自分の領地を治める時代になり、それを戦国時代といい、織田信長・豊臣秀吉の2代で日本が再統一されるまで続いたとすれば、シンプル。


もちろん、【偏差値アップ】のためであって、学校教科書での時代区分とは違うけれど、まずはシンプルに理解しやすくして、頭に入りやすくすることが大切なのです。


(なお、個別指導学習塾のクレア・アカデミーでは1番目の秘訣を「目標シール」「ギャラクシー目標シール」という形で実施しています。ご覧になりたい方はクレアアカデミーのHPをご参照下さい)


スポンサーサイト




Copyright © 受験偏差値ランキング情報. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。